『高等部修学旅行②ー平泉・石巻編ー』

2014年7月2日

2日間におよぶ岩手県、
宮城県を中心とした
東北地方の
事前勉強会を開催し、
私が講師を務めました。
再三に渡り
大和朝廷は、
金や馬の略奪を目的に
東北地方に住む
蝦夷(えみし)の征伐を行い、
蝦夷はこれに交戦し、
最後まで抵抗を続けた
阿弖流為(アテルイ)は
今も英雄として
語り継がれていることや、
その後も
蝦夷の子孫や
東北地方の豪族たちの子孫は
その地で繁栄し、
源氏が台頭するきっかけとなる
前九年や後三年の役を経て、
藤原3代による平泉の浄土教文化が栄華を誇り、
源頼朝に滅ぼされるまでの歴史を講義し、
3代秀衡の息子泰衡によって
源義経が自害する経緯や
その泰衡のさらし首にされたミイラまで
藤原3代のミイラとともに祀られている
世界遺産である中尊寺金色堂の
エピソードを
前以て話しておきました。
    つづく
     『高等部通信6月号
         学園長コラム ~可能性の扉~』より抜粋
illust2609.png

タグ: , ,
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ