サマーキャンプに向けて

2014年7月28日

夏と言ったら
小麦色の肌に水着
そして太陽に
きらきら光り輝く水平線…
そうです。
海が一番似合う季節に
なってきました。
ということで、
皆さんが待ちに待った
サマーキャンプは
今年『海』に行くことになりました。
7月15日、16日と
自然学園の今年のサマーキャンプを
九十九里海岸にて1泊2日で行います。
1日目は自然を満喫できる
ウォークラリーです。
初夏のすがすがしい潮風を
思い切り吸い込んで、
楽しいクラスの仲間と
さわやかな汗を流しましょう。
2日目はなんと、
九十九里の真亀海岸で
地引網を行います。
この地域はむかしから
イワシ漁で有名なところです。
いわしやキス、あじ、
ヒラメ、カレイ、あなごなど
などたくさんの新鮮な魚の収穫が
期待されます。
1匹残らず網から引き上げられるように
全力で頑張って下さい。
捕れた魚は
昼食で食べられることになっているので
楽しみにしていてください。
地曳網の漁法のコツは、
皆さんが経験する
ひと夏の淡い思い出と一緒です。
つかんだら決して逃がさないように…。
             自然学園 学園長
                  小林 浩
          『サマーキャンプのしおり』より抜粋     
ああ.png

タグ: , ,
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ