大学部 グループワークの様子

2012年6月18日

大学部は新年度に入り、
より就職および自立を視野に入れたプログラムを考案し、
各種の講座を斬新な形にアレンジし、授業を実施しているところです。
そろそろ生徒たちも授業のリズムをつかみはじめ、
内容に対しての関心が高まったり活発な意見を交わしたりする
生徒が目立つようになってきました。
 プログラムのひとつである「グループワーク」は、
職場のある場面を想定し、そこで交わされる会話の
中での失敗や不適切な結末をシミュレーションしてシナリオを書き、
生徒間、または生徒・講師間のロールプレイを行いますが、
生徒たちは思った以上に場面をイメージできるようで、
中にはかなりリアルに演技をする生徒もいます。
 そのあと引き続き、なぜこのやりとりが失敗したのか、
また相手役の生徒はどんな気持ちがしたか、などを聞いていきます。
ここまでくると全員真剣となって発言も慎重になりがちですが、
誘導や演出によっていかに彼らの意見を引き出すか、というのが今の課題です。
 
 メンバーの中に、話し方からみて
職場の部長・課長の役がとても似合っている生徒がいて、
本人もそのことを自覚しているのか、
ロールプレイのとき率先して課長役を引き受けてくれるので、
近頃は課長と部下という設定のロールプレイが増えてきました。
楽しい授業ですし、飛び入り参加も歓迎いたしますので、
ぜひ一度、施設のご見学かたがた
大学部のグループワークの授業にも遊びに来てください。
大学部 担任 N
illust2092_thumb.gif

タグ: ,
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ