大学部の農業実習について

2009年6月11日

大学部は4月から隔週の水曜日に農業実習を始めました。
春日部近郊の農家の方々にご協力を頂き大学部の生徒を指導して頂いております。
① 4月:苗床で米のモミまき
② 5月:田植え
③ 6月:さつまいもの苗植え、ジャガイモ掘り取り、大豆の種まき
④ 9月:稲刈り
⑤ 11月:サツマイモ掘り取り、大豆の収穫
⑥ 12月:ほうれん草の種まき
など1年間単位で体験し、農業に対しての理解と職業としての関心を高めていくこと、
その経験を通して働くことへの意欲や、やりがいを持たせることを目的にしています。
今回の実習では3月に植えたジャガイモの収穫後のつたのかたづけや草むしり等、
日頃農家の方々が従事している農作業の実習でした。
自然学園の将来の夢は適性に合わせて農業に関心を持った生徒が、
高等部、大学部を卒業後に農業を職業として生活できるための
農業法人を春日部市で立ち上げることです。
そのための小さな一歩を踏み出しました。興味がある方はご連絡ください。
なお小学部、中学部、高等部は年間の農業体験学習として
年間行事予定の中に組み入れています。
バンブー教室の生徒に対しても参加できる農業体験のイベントを企画するつもりでいます。
楽しみに待っていてください。
  学園長 小林浩

タグ:
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ