大学部・高等部 職場見学の様子

2012年9月10日

始業式翌日の9月4日火曜日、
大学部と高等部の生徒数名で
東京都新宿区にある特例子会社の
㈱三越伊勢丹ソレイユの職場見学をしてきました。
大学部や高等部の3年生は、
これまでも特例子会社の職場見学や体験就労をしてきましたが、
高等部の1年生が職場見学をしたのはこれが初めてです。
大学部の生徒にとっては、
目の前に迫った具体的な進路先を検討するための見学ですが、
高等部の生徒にとっては幅広く進路先を知るための
進路学習の一環としての参加となりました。
職場には様々な障害を持つ方30名が
黙々と仕事をしていました。
具体的な仕事内容は、
伝票のスタンプ押印、ギフト用リボン作り、
包装紙折り、ギフト用ラッピング袋作成、
クレジットカードの請求伝票をクレジット会社毎に分類するなど
10種類ほどの仕事を分担して行っていました。
この他にも計80種類もの仕事があるそうです。
㈱三越伊勢丹ソレイユの社長さんが
一つ一つの仕事を巡回しながら説明してくれました。
気さくな説明に加えて様々な質問を投げかけ、
自然学園の生徒たちも恥ずかしそうに答えていました。
また、大学部の生徒は積極的に質問をしていました。
仕事を見ていて何より印象的だったのは、
一つ一つの仕事が大変正確であることです。
もちろん正確な作業ができるように様々な工夫はされていますが、
一人一人がゆっくりでも丁寧かつ正確な
仕事をすることの大切さを理解しているようでした。
さらに同じ作業を繰り返し黙々とこなしていることにも驚きました。
帰る途中で高等部の生徒に感想を聞いてみると、
「自分には同じ仕事を飽きずに繰り返し出来るかなぁ?」などの
反応が返って来ました。
この感想を聞いた時に、
しっかり自分のこととして考えていることに驚き、
時間をかけて見学に来た甲斐があったと思いました。
今後も多くの生徒にこのような機会を提供できるように、
学園長を中心に様々な職場を開拓していきたいと考えています。
高等部担任Y
IMGP0020.jpg
リボン作成の様子

タグ: ,
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ