学園祭(思いやり収穫祭)について①

2014年11月26日

学園祭の際はお忙しい中、
バンブー教室の保護者の方々が
多数ご出席くださり、
誠にありがとうございました。
今回で6回目となる
自然学園の学園祭
『思いやり収穫祭』も、
新校舎になって3度目を迎え、
昨年よりもご来校人数が
格段に増えて来ました。
ご来場いただいた皆さんには、
普段の子どもたちの、
学校生活の様子が
ご覧いただけたと思っています。
今年は、保護者の皆様に
お手伝いいただくことなく、
生徒が主体的に
クラスごとに協力しながら、
模擬店などの運営をすすめ、
できるだけたくさんの
お客さんに参加して頂けるような
工夫と広告に力を注ぎ、
“おもてなし”の気持ちを持って
接客することを目標としました。
どの子どもたちも、
小・中学校では
人間関係がうまくいかずに、
不登校を経験していたことがあり、
学校行事や集団での行動が
苦手だった子どもたちです。
また、参加することさえできなかった
子どもたちです。
この日の子どもたちの
生き生きとした姿を見ていただければ、
適切な環境で学ぶことが
いかに重要なことなのかが、
お判りになっていただけたと
思っています。
大げさな言い方をすれば、
この時の子どもたちの笑顔が
今まで我々が培った
特別支援教育の答えなのです。
当然のごとく、
バンブー教室にも
この指導理念は継承しています。
バンブー教室を通して
子どもたちが笑顔を取り戻し、
学校生活においても
生き生きと活動できる、
将来の自立に結び付く支援こそが
バンブー教室の理念であるからです。
     『バンブーだより11月号』
       学園長コラム~可能性のとびら~ より抜粋
DSCN4021.JPG
DSCN4067.JPG
P1030168.JPG

タグ: , ,
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ