小学部のうれしい年明け

2011年1月7日

小学部は今日、1月7日から授業がはじまります。
午前中が始業式で午後から通常授業になります。
自然学園ではすでに4日からバンブー教室がはじまり、5日からの冬期講習とあわせて、すっかり、お正月の気分とはかけ離れて、教室中子どもたちの「やる気」と「熱気」にあふれかえっています。2週間ぶりに小学部の子どもたちの顔を見るとなぜかほっとした気持になりました。こころなしか子どもたちが少し大人びたように見えました。
席に着くとそれぞれのお正月の話をはじめました。
静岡で富士山からのぼる初日の出を拝んだ生徒、国立競技場にサッカーの天皇杯の試合を見に行った生徒、都内のホテルで家族とおいしいおせち料理を食べて過ごした生徒など、みんな楽しそうに自分が過ごした元旦の話をしていました。
長い教員生活の中でふと見逃してしまいがちになっていましたが、こんなに積極的に自分たちの話を自分から話したことがあったかな?
他の人が話しているときにこんなにだまって聞くことができるんだ・・・!!
始業式として場面が意識出来て、適切なあいさつや振る舞いができるんだ・・・!!
ちゃんとじっとしていられるじゃないか!!
ふと気づいたあとは「びっくりマーク」の連続でした。
みんな成長したな~!!うれしいことが積み重なってスタートした新年の幕開けでした。
今年はもっともっといいことがありますように・・・。
11.jpg

タグ: ,
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ