文化祭(おもいやり収穫祭)

2009年11月7日

11月1日(日)に自然学園の初回の文化祭(おもいやり収穫祭)がありました。
「笑顔がつなぐ人のきずな」を第1回目のテーマにしました。
いま子どもたちにできる精一杯の気持ちを文化祭の展示作品として創作し、
元来、人づきあいや接客などが苦手な子どもたちが
日ごろお世話になっているご両親や近隣の方、
または自然学園としていっしょに学んでいるバンブー教室の仲間や友達、
後輩たちのために精一杯のもてなしを
ヨーヨー釣りやスーパーボールすくい、
各種ゲームやPC占いなどのパフォーマンスで表現しました。
物事をなんでも前向きにとらえて、明るく楽しく行動し、
自分の精一杯の思いや相手に対する感謝の気持ちを伝えようと努力すれば、
そこにかならず理解者や手助けしてくれる人が現れて、
人のきずながむすばれていきます。
今回のテーマ「笑顔がつなぐ人のきずな」です。
農業実習で収穫したお米を高等部1年のお母さん方におにぎりにしてもらい販売しました。
新米のおにぎりは、おもいやりがたくさん詰まったおいしい、おいしいおにぎりでした。
自然学園と保護者の方の絆がよりいっそう深まったように思います。
同時に今回の文化祭をきっかけに今まで以上に
高等部の子どもたち同士のきずなが強くなったように感じました。
自然学園として、こんなにうれしい収穫物はありません。
また来年の秋も今年以上に大きな実りをもたらすよう
「スモールステップ」を踏みながらゆっくり確実に育て、歩いていきたいと思います。
学園長:小林
067.jpg 065.jpg
009.jpg 032.jpg
058.jpg 059.jpg 
008.jpg 006.jpg

タグ:
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ