春期講習のご案内とバンブー教室の新講座と支援内容について②

2014年3月29日

バンブー教室では、
このような子どもたちの
療育に結び付く支援を
お手伝いしたいと考えています。
小集団で行う療育教育では、
子どもは、
共同作業すること、
順番を待つこと、
名前を呼ばれたら
返事をすることなど、
社会生活の基本ルールを
学ぶことになります。
その前提になるものが
社会的スキルです。
これは社会参加し、
社会生活を円滑に送るために
必要なスキルです。
幼稚園や保育園に入園すれば、
他者との関わりは必然とされ、
コミュニケーションが
うまく取れなければ、
子どもたちに
精神的な負担が
多くかかってきます。
当然、小学校では
それ以上の社会的なスキルが
必要とされるでしょう。
バンブー教室では、
この社会的なスキルを
育ませるために
必要な言葉の獲得などの
社会的なスキルに結び付く
コミュニケーションの
基礎となる、
学術的なスキルや
身体的なスキルを
学ぶための講座を
新たに設けました。
3歳~5歳までの
未就学児童を対象にした、
たけのこクラスの取り組みを、
今までの総合過程
(少人数のグループ学習コース)である
プレイルームコースでの
臨床はもちろんのこと、
個別学習コースでの
臨床における
子どもたちの共通したつまずき、
および認知等の特性の違いや
発達の違いを分析し、
実際の自然学園の
フリースクールである
小学部の低学年コースの
子どもたちの取り組みと結び付けて、
たどり着けた独自のノウハウを
生かした支援を
プログラムの中に
取り入れています。
         『バンブーだより3月号』より抜粋
illust2882.png

お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ