自然学園 高等部 第2回卒業式に寄せる

2012年3月28日

2012年3月18日(日曜日)
――この日付を
忘れることはないだろう。
自然学園高等部の第2期生6名を世の中に送り出した
記念日である。
思い出は人生の宝、と良く言うけれど、
たしかにその実感を抱きつづけた3年間であった。
人間誰しも得意と苦手がある。
むづかしい文章でも楽々と読み、かつ理解できる生徒が
漢字の書き取りとなると、本人の弁では
”頭の中がまっ白”だそうだ。板書を写すのが遅い生徒、
早口で喋られると聞きとれない生徒、
そうした彼らが高等学校を卒業し、巣立っていく。
多分、今の世の中は彼らにとって生きにくいだろう。
でも、彼らが身につけたねばり強さは彼らを
裏切らないだろう。支えてくれるだろう。
つまづいたら、ゆっくり立ちあがればいいのだ。
そして、青空でも眺めて、あせらず、あわてずに
次の一歩を踏み出せばいい。何はともあれ、
”おめでとう”という言葉をここに残しておこう。
高等部3年A組担任 M
1.jpg

タグ:
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ