調理実習を行いました。

2010年2月2日

高等部の1・2年生合同で調理実習を行いました。
講師に沖縄料理店を営んでいる料理人の普久原さんをお迎えして、
なんと大人でも難しい!?
『鯵のお造りと豆腐づくり』を教えていただくことになりました。
エプロンと三角巾を身につけ準備万全!
まずは『鯵のお造り』です。
発泡スチロールのケースに入った新鮮な鯵を一尾ずつ恐る恐るとりだしました。
普久原先生の手元を真剣に見て同じようにエラをとりだし、
「食べられるところは食べてあげないと魚に悪いぞ。」と言われ、
みんなうなずきながら丁寧に骨から身をそいで三枚におろしました。
普久原先生と一緒に皮をむき、身を食べやすい大きさに切っていき、
きれいにお皿に盛り付け『鯵のお造り』の完成です。
次に『豆腐づくり』です。
豆乳に「にがり」を入れて蒸し器で15分蒸しました。
ぷるぷるのあたたかいおいしそうな豆腐が
あっという間にできました。
いよいよ試食です。
生徒の一人が
「大学部のお友達にも僕がつくった刺身、分けてあげよう!」
と呼びに行きました。
とても心があたたかくなった瞬間でした。
普久原先生、生徒、学園長や先生方みんなで一緒にいただくことにしました。
学園長も担任の先生もテーブルに並んだ『鯵のお造り』にビックリされていました。
貴重な体験ができたことは、彼らの自信の一つになった事だと思います。
By横塚
IMG_0436.jpg IMG_0437.jpg
IMG_0438.jpg

タグ:
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ