高等部3年 就職活動

2012年2月20日

自然学園高等部3年生の男子生徒といっしょに会社訪問にでかけた。
前もって電話でコンタクトは取ってあったものの、
果して、就職できるかどうか、
もちろん本人も、そして担任である私も心配していた。
自然学園高等部は普通の高等学校とはちがう部分がいくつかある。
集団生活になじめない生徒やまわり道をしていきた生徒もいる。
こだわりの強い生徒もいる。
勉強は得意だが人づきあいが苦手という生徒もいる。
小さい頃からいじめに遭ってきた生徒もいるのだ.
彼は自立をめざしている。
社会人として一人前の大人になろうとしている。
その本気さが今回相手に伝わるだろうか。
しかし、心配するには及ばなかった。
相手はプロの職人の親方さんである。
一言「まずは働いてごらんなさい」と言われたのでありました。
こうして、
高校卒業を間近にひかえた彼は「建築塗装職人」の「見習い」として、
一人前の大人になるための人生をスタートさせることになったのでありました。
自然学園高等部では来月の18日に第2回目の卒業式がおこなわれます。
第2期生となるわがクラスの生徒たちの中で
実社会に巣立っていくのは今回の生徒だけです。
それだけに応援したくなると言うものです。
合言葉は「石の上にも三年」でいいでしょう。
数年後が何よりも楽しみになってきました。
illust2261_thumb.gif

タグ:
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ