2016年04月01日

[高等部通信9月号①]学園長より~可能性の扉~④

ではこのようなことも踏まえて企業はどのようなことを雇用に対して求めているのでしょうか。『発達障害の子どもと生きる』松為信雄 幻冬舎ルネッサンスに記載されている内容を抜粋します。 ・毎日時間通りに出社できる ・働くことの意味(給料が仕事の成果に対して支払われていること)を理解している ・仲間と強調でき… ▶ 続きを読む

2016年04月01日

[高等部通信9月号①]学園長より~可能性の扉~③

体験就労を経験している人たちの仕事内容は生徒の皆さんによって違いますが、それぞれの仕事に一生懸命取り組んでくれているようです。ここでは、今回の体験就労で経験した仕事内容、求められたソーシャル・スキル、そして、それぞれの反省会を通じてどのような人材が、企業側が求めているのかを検証し、採用されるためのス… ▶ 続きを読む

2016年04月01日

[高等部通信9月号①]学園長より~可能性の扉~②

体験就労を経験している人たちの仕事内容は生徒の皆さんによって違いますが、それぞれの仕事に一生懸命取り組んでくれているようです。ここでは、今回の体験就労で経験した仕事内容、求められたソーシャル・スキル、そして、それぞれの反省会を通じてどのような人材が、企業側が求めているのかを検証し、採用されるためのス… ▶ 続きを読む

2016年04月01日

[高等部通信9月号①]学園長より~可能性の扉~①

夏休みも終わりに近づいてきました。2学期に向けて計画通りに夏休みを送ることができましたか?2学期に入るとすぐに1,2年生は、前期試験に向けた試験対策授業週間になります。今年は温暖な秋が長く続きそうな予報がでていますが、皆さんは前期試験に備えてクールダウンを早めに済ましておくことが大切です。いつまでも… ▶ 続きを読む

2016年04月01日

[高等部通信6-7月号]就職に役立つ豆知識

~特例子会社などを代表とする障害者雇用率を適用している企業について~ 今回は、特例子会社の説明を簡単にさせていただきます。 特例子会社とは、障害者の雇用に特別な配慮をし、「障害者の雇用の促進等に関する法律」成立の昭和51年と同時にスタートした、同法第44条の規定により一定の要件を満たした上で厚生労働… ▶ 続きを読む

2016年04月01日

[高等部通信6-7月号]学園長より~可能性の扉~④

これからいよいよ三年生は今までの努力が試される時です。やるべきことをやり準備を怠らず一緒にがんばりましょう。 大学など進学希望の生徒の皆さんはおそらく何校かオープンキャンパスに足を運んだ人たちが多いと思います。もうすでに受験校を決めている人もいると思います。自分が将来考えている職業に必要な技術や知識… ▶ 続きを読む

2016年04月01日

[高等部通信6-7月号]学園長より~可能性の扉~③

見学会を予定している彼らには、就労前に指示の受け方や日常のあいさつ、報告・連絡・相談いわゆる『ほうれんそう』の重要性などを徹底的に教えて送り出すつもりです。本当の理解や、職場でそのことが実践できるまでには、現場での体験を通して体で覚えていくほかないのだと思います。そのために必要なグループワークやロー… ▶ 続きを読む

2016年04月01日

[高等部通信6-7月号]学園長より~可能性の扉~②

自然学園は、自立に結び付く社会性を授業や学校生活および体験学習等で養い、生きる力を身に付けることを目標にしています。3年間を通じた体系的なキャリア学習と、企業が必要とする基礎学習と、ソーシャル・スキル・トレーニングをカリキュラムの中に組み入れていて、実際に社会が求めている生きる力の修得に力を入れてい… ▶ 続きを読む

2016年04月01日

[高等部通信6-7月号]学園長より~可能性の扉~①

7月になりました。1学期もあっという間ですね。 まだ梅雨が明けきれないようで、はっきりしない天気が続いています。 気温もそれほどあがらないですね。アスファルトが焼け付くような日差しのない分、過ごしやすいと考えられている人たちも多いように思います。このまま冷夏なんていうのは避けたいところですね。やっぱ… ▶ 続きを読む

2016年04月01日

[高等部通信5月号]学園長より~可能性の扉~③

学校の先生や保護者から進路のことで、叱責や多大な期待をかけられるようなことがあれば、現状から逃避したい願望が増大し、特色である衝動性をともなって、不登校を選択することは容易に想像がつきます。「合格しなければいけない。就職しなければいけない」という気持ちが強い子どもたちは知らず知らずに心身症的な状態が… ▶ 続きを読む

25 / 26« 先頭...2223242526
お問い合わせはこちら