令和3年度中学部田植えの報告

2021年6月2日

5月12日水曜日、自然学園中学部では田植え活動を行いました。去年は新型コロナウイルスの影響で中止せざるを得なかったのですが、今年はなんとか行うことができました。ご協力いただいた保護者の皆様、そして農家の方々、本当にありがとうございました。

 

午前中は、中学部全学年が一斉に田んぼへ行き、一緒に田植えを行いました。最初は初めての田んぼに入ることを躊躇してしまう子が多かったですが、いざ田んぼに入る時間になるとどんどん田んぼに入り、泥の感触を味わっていました。「初めての感触だ!」と驚きと喜びの表情を浮かべる生徒たちが見られました。足を泥にまみれさせながら1つずつ丁寧に苗を植えていきました。普段はおとなしい子もご協力いただいている農家の方の説明を集中して聞いており、積極的に田植えをしている素晴らしい姿が見られました。田植えの後はみんなで手足の泥を落としましたが、みんな順番を守って洗うことができ、普段の指導から学んだことを生かしてくれており、担任として非常にうれしかったです。

 

午後は、田植えの振り返り活動をしました。私が担任をしている1年生は田植えの写真を見ながら振り返りました。午前中に頑張った自分の姿の写真を見て、照れながらも自信と達成感で満ちた笑顔を見せてくれました。

 

中学部では十分に事前学習を行ったうえでこのような活動を実施しております。それは、不安を軽減するためだけではなく、活動を確実な成功体験につなげ、自信をつけてもらいたいためです。今回の田植えの後、緊張が強く不安な様子が目立っていた子がその後様々な活動に挑戦する姿が目立つようになりました。

 

5月下旬にはじゃがいも掘りを予定しております。じゃがいも掘りでも生徒がより一層成長していけるよう、サポートをしていきたいと思います。ぜひ楽しみにしていて下さい。

 

中学部 河邉

タグ: ,
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ