2016年11月18日

[高等部通信10月号]学園長より~可能性の扉~④-2

自然学園の体育の授業では、できないことをできるようにする一人ひとりのつまずきに応じた課題を克服する支援から始めていきます。たとえば、跳び箱が跳べない生徒なら跳べるようにするには何が必要なのかを提示していきます。手をつく場所、踏み切る位置を手のマーク、踏み切る位置を足のマークで示してスタートから踏み切… ▶ 続きを読む

2016年11月14日

[高等部通信10月号]学園長より~可能性の扉~④

4、第3回 体育祭 10月9日(日)に自然学園は第3回体育祭の開催を予定していました。今年も昨年同様、低気圧による秋雨前線の影響で雨に見舞われ午前中の競技のみの体育館での開催になりました。会場をお借りした八木崎小学校の校長先生のご厚意で体育館とグランドをお借りすることができたので、午後雨が止んでグラ… ▶ 続きを読む

2016年11月08日

[高等部通信10月号]学園長より~可能性の扉~③

3、前期学力考査 1・2年生の皆さんは試験を終えてホッとしている人もいるでしょう。特に1年生の皆さんは、初めての学力考査でかなり不安を抱えていた人も多かったように思います。夏休み中から緊張していた人も少なくないようです。勉強に関しては特に自信がなくてかなりコンプレックスを抱えている人もいるでしょう。… ▶ 続きを読む

2016年11月04日

[高等部通信10月号]学園長より~可能性の扉~②

2、AO・推薦入試のはじまり 進学希望の3年生は、夏休み中に大学・専門学校のオープンキャンパスに足を運び志望校を絞ったはずです。夏休み中にほとんどの生徒は志望校を決定し10月からのAO入試や推薦入試の準備に一生懸命に取り組む3年生の姿を夏休み中の校舎でよく目にしました。 10月からいよいよ専門学校・… ▶ 続きを読む

2016年10月31日

[高等部通信10月号]学園長より~可能性の扉~①

自然学園では、9月28日に防災訓練を行いました。首都圏直下型地震を想定することはもちろんですが、昨年自然学園の近隣でも見舞われた自然災害も想定しての訓練を実施計画に反映しました。 昨年は、春日部や越谷では水没地域があちらこちらで見かけられ、さいたま、春日部など6市町で41棟が床上浸水するなど各地で被… ▶ 続きを読む

2016年09月19日

[高等部通信8月号]学園長より~可能性の扉~⑨

ここで保護者の方々にお願いしておきたいことはLDなどのつまずきで板書をノートに書きとることに困難さが伴う生徒には、事前に担任の先生を通じて教科担当の先生にそのためのフォローをお願いしておく必要があるでしょう。たとえばクラスメートにお願いしてノートを写させてもらうか先生に板書内容の要点が書かれたプリン… ▶ 続きを読む

2016年09月16日

[高等部通信8月号]学園長より~可能性の扉~⑧

最後に高等部の生徒の皆さんが無理なく取り組める学期末テストの試験勉強の無理ない進め方についてのお話をさせていただきます。 レポートにも出題されている教科書の基本問題にしぼり、問題を限定すると気が楽になるので、かなり取り組みやすくなります。 学力考査の問題は、どの教科も共通してレポートに出題されている… ▶ 続きを読む

2016年09月14日

[高等部通信8月号]学園長より~可能性の扉~⑦

これらの目標に根差し、自然学園では、発達のつまずきがある子どもたちに、具体的に様々な体験などを通してそれぞれの特性や能力に合った目標を持たせ、学ばせていくことを総合学習やソーシャル・スキル・トレーニング・学校行事・ホームルーム・キャリア学習講座・企業見学会・就労実習等を通して計画的に実践しています。… ▶ 続きを読む

2016年09月09日

[高等部通信8月号]学園長より~可能性の扉~⑥

この条件を満たすための人材を育てるためには、1年生からキャリア教育を推進して、「自分には何が向いていて、何ができるのか。」「働くことに意義はなにか。」「働くとは具体的にはどういうことなのか」について就労体験を通しながら具体的に考えさせ、自分なりの答えが導き出せるようなキャリア学習が、3学年を通した継… ▶ 続きを読む

2016年09月07日

[高等部通信8月号]学園長より~可能性の扉~⑤

彼らの就労前に、指示の受け方や日常のあいさつ、報告・連絡・相談いわゆる『ほうれんそう』の重要性などを徹底的に教えて送り出したつもりです。本当の理解や、職場でそのことが般化できるまでには、現場での体験を通して体で覚えていくほかないのだと思います。それは、障害がある高校生や大学生に限らず、一般の高校生や… ▶ 続きを読む

お問い合わせはこちら