大学部 稲刈りをしました

2021年10月4日

9月21日火曜日、農業体験の一環として大学部の稲刈りが行われました。まだまだ残暑が厳しく、夏を思わせるような強い日差しの中、作業が行われました。

5月の田植え体験で苗を植えたのと同じ田んぼを訪れると、稲がたわわに実り、一面が黄金色に染まっていました。普段なかなか手にする機会のない、昔ながらの鎌を使っての刈り取りでしたが、ほとんどの生徒たちが2年ぶりの稲刈りとは思えないほど慣れた様子で黙々と鎌を振るい、みるみるうちに山のような稲穂が積み上げられていきました。手の障害のため1人での作業が難しい生徒もいましたが、教員の補助のもと鎌を使う体験をしたり、刈り取られた稲穂を運んだりと、それぞれが自分のできる仕事をし、共同作業を行っていました。終わったあとは「腰が痛い」とこぼす生徒もいましたが、表情は明るく、ひと仕事終えたあとの心地よい疲労感を感じているようでした。

自分たちが植えた稲が立派に実り、それをまた自分たちの手で収穫したことで、長い時間をかけてものを作ることの充実感や難しさ等を少しでも感じてくれたらと思っています。様々な要因があり実施に困難が伴うこともありますが、貴重な経験ができる農業体験、今後も継続していけたらと思います。

大学部担任 大岡

タグ:
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ