学園長より

2020年4月17日

今まで経験をしたことのないような大変なことが世の中に起きています。

私は日ごろから彼らに言っている言葉を自分に言い聞かせています。

「大変なつらい時こそ、自分の足元を見て今できること、今やるべきことを精一杯、努力精進すること。」

そんな思いで生徒の皆さんにお会いできないこの時期を毎日丁寧に過ごすように心がけています。今取り組んでいることが我々の特別支援教育の少しの前進に繋がることに願いを馳せています。

保護者の方々にとってお子様の勉強の遅れは最も気になることの一つではないかと思います。決して焦らなくても大丈夫です。保護者の方々も気をもむ気持ちは充分理解できますが、あまり厳しく言い過ぎて学習意欲が無くならないように心がけてほしいと思います。勉強の遅れは後でも十分取り戻せます。大切なことは今までやってきたことを継続することと、勉強を嫌いにさせないことです。そしてなにより精神的な安定を図り、学習無気力のきっかけを作らないことです。
もしお子様の精神的面での異変や落ち込みの気が付きましたらすぐにご相談ください。早いうちの対応が2次障害を軽減させる唯一の方法です。

できるだけ早い終息とお子様、保護者の方々のご健康を願ってやみません。

 

PS.たくさんの皆様からの励ましのお言葉や、お心遣いに本当に感謝しています。

 

自然学園学園長
小林 浩

お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ