小学部の様子:卒業式

2021年3月19日

3月12日金曜日、自然学園小学部では卒業式を行いました。コロナ禍の影響もあり、保護者様の参列に一部制限をかけた上での実施でしたが、卒業生の保護者様には、子どもたちの勇志をお見せすることができました。参列して頂いた保護者様、本当にありがとうございました。

卒業式での一番の見せ場は在校生の送る言葉と卒業生のあいさつでした。どちらも一か月以上かけて文章を子どもたちが考えたものです。自然学園での思い出、お世話になった先生への感謝、友達との思い出、来年への思い…何度も推敲を重ね、式に臨みました。式は保護者に見られている非常に緊張する場ではありましたが、どの子も練習以上に立派にやり遂げてくれました。自然学園で子どもたちが成長した姿の集大成を保護者の方に見ていただけて本当に良かったと思います。

私も卒業式では、子どもたちに、担任としてメッセージを送らせていただきました。

「みんなが卒業しても、みんなが大人になっても、みんなが頼ることができる大人として先生たちはあり続けます。」

卒業生の子たちはどの子も大きく成長しました。しかし、教え子はいつまでたっても教え子です。それは卒業したって変わりはしません。もし、傷ついたりくじけそうになったりしたときには、ぜひ先生たちのことを思い出して相談してほしいと思います。

みんなの将来が明るいものであることを先生たちは祈り続けます。

小学部 河邉

タグ: ,
お問い合わせはこちら
  • カテゴリー
  • タグ